出生前診断

新型出生前診断の問題点

妊婦の血液だけを使用し、胎児にダウン症などの染色体異常があるかを99%という非常に高い精度で調べることのできる新型の出生前診断を、国内の2つの病院が試験的に行うことが決まりました。

 

流産の危険があった従来の検査に比べると、安全に調べることができます。しかし、簡単で安全に調べることができるようになることで、異常が見つかった場合には安易な人工妊娠中絶にもつながるのではないか、ということが懸念されています。技術が発達した分、カウンセリング体制の整備などが重要になってくるのです。

 

出生前診断の問題点というのは、生まれる前にダウン症や何らかの異常を知ることができるので、その時点で振り分けられてしまうということです。知ることができるということは、準備をすることもできるんです。ダウン症の子供の育て方や、準備しておくものなどを事前に調べておくことができます。しかし、それ以外にも、中絶を選ぶ場合も少なくないでしょう。つまり、出生前診断は考え方によって診断後の判断に大きく違いを生むものなのです。

スポンサードリンク

 
外為ジャパンとはどういった業者なのかを紹介
Copyright (C) 新型出生前診断の費用やメリット All Rights Reserved.